本文へ移動

【中日】2番・京田マルチ安打 初回バントきっちり、4点先制劇を演出「盗塁失敗が悔しい」

2021年5月4日 19時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏2死、京田が遊内野安打で出塁する。一塁手ソト

2回裏2死、京田が遊内野安打で出塁する。一塁手ソト

◇4日 中日8―4DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 3試合ぶりに2番に打順を上げた中日・京田は、初回にきっちり犠打を決めて4点先制の流れをつくった。「サイン通り、しっかり成功できてよかったです」。マルチ安打もマークしたが「ヒットを打ったことより、今日は盗塁を失敗したことの方が悔しいです」と、4回に先頭で右前打を放って出塁しながら、二盗を失敗した場面を反省。チームトップ5盗塁のプライドをのぞかせた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ