本文へ移動

五輪テスト大会開催「市民の不安は承知、一度も検証せず安全な大会を行うのも難しい」組織委が理解求める

2021年5月4日 19時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京五輪マラソンのテスト大会を前に、記念撮影でポーズをとる、(左から)前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒、松田瑞生(代表撮影)

東京五輪マラソンのテスト大会を前に、記念撮影でポーズをとる、(左から)前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒、松田瑞生(代表撮影)

 東京五輪マラソンのテスト大会を兼ねた「北海道・札幌マラソンフェスティバル」のハーフマラソンに出場する五輪マラソン女子代表の鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ=らがレース開催前日の4日、札幌市内で会見した。
 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に再び広がり、札幌市内でも顕著となっている中でのテスト大会開催には、一部で批判の声が上がっている。この点について、東京五輪・パラリンピック組織委はこの日の会見で「市民の不安は承知している。一度もレースを検証しないで五輪で安全な大会を行うのも難しい」と理解を求めた。レース当日の5日は、沿道での観戦自粛を呼び掛けるスタッフを770人配置するという。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ