本文へ移動

【阪神】デーゲーム12戦全勝!ドラ6中野拓夢プロ1号&猛打賞で初お立ち台 記念球は「親に贈りたい」

2021年5月4日 18時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロ初本塁打を放ちホームランボールと記念撮影する阪神・中野

プロ初本塁打を放ちホームランボールと記念撮影する阪神・中野

◇4日 ヤクルト5―11阪神(神宮球場)
 阪神のドラフト6位ルーキー・中野拓夢内野手(三菱自動車岡崎)が、プロ1号&3安打猛打賞で快勝の立役者となった。
 「なんとかランナーをかえそうという気持ちで打席に入ったので、その結果が本塁打になってうれしく思います」と中野。1点リードで迎えた8回。死球で出塁した佐藤輝を2塁に置き、ヤクルト3番手・坂本が投じた内角球を振り抜き、無人の右翼席へ運んだ。プロ1号の記念アーチにベンチの祝福を受けると、笑顔があふれた。
 「8番・遊撃」で先発出場。6回の第3打席では、2死一塁で左前打を放ち好機を広げ、続く代打・陽川の2点二塁打を呼び込んだ。9回の5打席目にも左前打を放ち3安打猛打賞。先発に復帰して4試合連続安打でチームの4連勝に貢献している。
 「積極的に振りに行けているところがいいと思うので継続してやっていきたい。自分の中で手応えはそこまでないですが、これからしっかりアピールしていきたい」
 無観客試合のスタンドに入った初アーチの記念球は手元に戻ってきたそうで「時間がたってからにはなると思うんですけど親に贈りたいと思います」と喜んだ。阪神はヤクルトに開幕から6連勝。今季デーゲームは12戦全勝と強さを発揮し、首位をキープしている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ