本文へ移動

【DeNA】根尾に満塁被弾「痛い4点だった…」三浦監督 先発大貫の失投悔やむ…連勝も3でストップ

2021年5月4日 18時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏が終わり、三上をねぎらいに行く三浦監督(中央)

8回裏が終わり、三上をねぎらいに行く三浦監督(中央)

◇4日 中日8―4(バンテリンドームナゴヤ)
 根尾に満塁弾を浴びて連勝が3で止まったDeNAの三浦監督は「痛い4点だった。満塁で中(の甘いコース)に入った」と大貫の失投を悔やんだ。
 先発・大貫が1回に高橋周と阿部に適時打を浴びた。「いきなりの4失点。相手ピッチャー(大野雄)のことを考えても大きかった」と三浦監督。その後、2回にソトの3号3ランで1点差に迫ったものの3回、根尾に満塁本塁打を浴びて5点差に突き放された。3イニング8失点でKOの大貫に対し、三浦監督は「ボールのキレも良くなかったし、コントロールも悪かった。ツーシームの引っかかりが多かった」と苦言を呈した。
 相手先発の大野雄はソトと佐野に被弾したが、7イニングを投げきり先発投手の役割を果たした。大野雄と大貫の違いを問われると、三浦監督は「大貫は大貫。自分の投球をしてほしいが、修正できなくてボールが甘くなって、高くなって、逆球が多かった」と嘆いた。DeNA投手陣は前日3日にも根尾にプロ初の三塁打を打たれており、2日連続で引き立て役に。「きのうの3ベースはあれ(いい当たりではない)だけど、きょうのはランナーをためての大きな失点。改善していかないと」と昨季2桁勝利の大貫に修正を求めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ