本文へ移動

【DeNA】先発・大貫「慎重になりすぎた」3イニング8失点 中日・根尾に満塁被弾など火ダルマKO

2021年5月4日 16時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・大貫は中日打線に捕まり3回8失点KO

DeNA・大貫は中日打線に捕まり3回8失点KO

◇4日 中日―DeNA(バンデリンドームナゴヤ) 
 DeNAの先発・大貫晋一投手(27)が3回、根尾に満塁弾を献上。3イニング8安打8失点でKOされた。
 「立ち上がりは特に慎重になりすぎてしまい、窮屈な投球になってしまいました。このような投球をしてしまいチームに申し訳ないです」と、大貫はうなだれた。1回は高橋周と阿部に適時打。そして3回には単打2本と四球で満塁にされ、根尾に右翼席に運ばれた。
 前日には中日打線について「打線としてつながれると大量失点することもあるので一人ひとり丁寧に投げたい。的を絞らせないようにコントロール良くいろんな球種を投げ丁寧に投げたい」と話していたが走者をためて一発を浴びてしまった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ