本文へ移動

阪神の機動力野球…近本の足が先制点呼び込む 敵失で出塁→4度のけん制にひるまず安打で三進→マルテ打で生還

2021年5月4日 15時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・近本

阪神・近本

◇4日 ヤクルト―阪神(神宮球場)
 阪神が近本光司外野手の足を生かし先制点を奪った。
 0-0で迎えた3回、先頭の近本が相手遊撃手・西浦の失策で出塁。続く糸原の打席では、ヤクルト先発・田口から続けざまに4度けん制を受けながらもひるまず、糸原の中前打とともにスタートを切って三進。一、三塁と好機を広げた。
 マルテが田口の内角直球をしぶとく中前に運び、近本は三塁から先制のホーム。笑顔でベンチの出迎えに応えた。阪神は4日の試合前時点で2位・巨人に3ゲーム差をつけ首位をキープ。今季は先制点を奪い勢いそのまま勝ち切る必勝態勢で好調を維持している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ