本文へ移動

【阪神】佐藤輝、「6番・右翼」で第1打席に右前打 3試合連続安打で好調キープ

2021年5月4日 14時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回、左前打を放つ阪神・佐藤輝

2回、左前打を放つ阪神・佐藤輝

◇4日 ヤクルト―阪神(神宮球場)
 阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(22)が巧打で3試合連続安打をマークした。
 0-0で迎えた2回の第1打席。右前打で出塁したサンズを一塁に置いて、ヤクルト先発・田口の内角寄りのツーシームに、詰まりながらも左前に運んだ。
 続く梅野が併殺打に倒れるなど先制点は奪えなかったが、佐藤輝は4月30日広島戦から3試合連続安打と好調をアピールした。
 佐藤輝は2日の広島戦(甲子園)ではプロ入り初の「4番・三塁」で先発し劇的な8号逆転満塁弾。この日は「6番・右翼」で先発した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ