本文へ移動

大谷翔平、本塁打争いトップタイの9号2ラン 死球で登板回避も第1打席は三塁強襲の二塁打

2021年5月4日 13時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷

エンゼルス・大谷

◇3日(日本時間4日)MLB エンゼルス―レイズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が「2番・指名打者」でスタメン出場し、第3打席に本塁打争いトップタイに並ぶ9号2ランを放った。
 0―5の6回、無死一塁で迎えた第3打席。先発・グラスノーが1ストライクから投じたカーブを真芯でとらえた。打球はバックスクリーンへと飛び込み、飛距離427フィート(約130メートル)の豪快な2ランで3点差に縮めた。
 大谷は3試合ぶりの一発でアクーニャ(ブレーブス)やJD・マルティネス(レッドソックス)らと並ぶ9本塁打。第1打席には同じくグラスノーのカーブをとらえて三塁手のグラブをはじく打球を放つと、俊足をとばして一気に二塁へ到達。三塁強襲の二塁打を記録していた。
 大谷は前日右肘に死球を受けた影響で、予定されていた投手としての登板は回避した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ