本文へ移動

モラル欠如のトラブルも増加…「ウマ娘」ユーザーは良識ある行動を

2021年5月4日 11時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇記者コラム「ターフビジョン」
 2月末に配信が開始されたスマートフォン向けのゲームアプリ「ウマ娘」が、配信開始から約1カ月半で500万ダウンロードを突破した。かくいう私も人気声優と同姓同名ということもあり、オタク文化には明るい方だ。新しいダート馬の実装を待ち望みつつ、日々楽しんでいる。
 そんなウマ娘は、現実の競馬界にも好影響。新規の競馬ファンの増加はもちろん、引退馬支援の拡大などにも波及している。ただ、光があれば影があるもの。残念ながら一部のモラルのないユーザーによるトラブルも増加している。
 例えば、ウマ娘に登場する引退馬の墓がある牧場に勝手に侵入したり、無断でドローンを飛ばしたりする問題が発生。ゲームに登場するニシノフラワーなどのオーナーである西山茂行さんのツイッターに常識が欠如した書き込みをする例も散見されている。
 西山さんはウマ娘を容認する理由として、ブログで「愛したセイウンスカイとニシノフラワーを想い出してくれる人がいるだけでいい(原文まま)」と説明。他にも私が桜花賞前に取材したメイケイエールのオーナーである名古屋競馬のように、好意的に見る馬主は少なくない。
 しかし理解ある馬主ら関係者に甘え、トラブルが増えれば、せっかくの好影響も台無しになりかねない。一人の競馬関係者、そして一人のウマ娘ファンとして、ユーザーの良識ある行動を願うばかりだ。(関俊彦)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ