本文へ移動

「豚のぼり」モクモクファームで泳ぐ

2021年5月4日 05時00分 (5月4日 10時56分更新)
青空の下で風に揺れるこいのぼりと「豚のぼり」=伊賀市西湯舟の伊賀の里モクモク手づくりファームで

青空の下で風に揺れるこいのぼりと「豚のぼり」=伊賀市西湯舟の伊賀の里モクモク手づくりファームで

 五日のこどもの日を前に、伊賀市西湯舟の農業観光施設「伊賀の里モクモク手づくりファーム」で、施設で飼育するブタをモチーフにした「豚のぼり」が掲げられている。こいのぼりに交じって青空の下をさわやかに泳ぎ、来場者を出迎えている。五月中旬まで。
 園では二〇一八年から、こどもの日に合わせて毎年飾っている。今年は入場無料エリアなどに計百六十六匹を設置。うち二十匹ほどにブタの顔がデザインされている。広報の山岡晃代さんは「コイに交じってブタさんも優雅に泳いでいる。愛らしい姿を見つけてみてください」と話す。
 大型連休中は、イベント「とんとん祭り」を開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止に。代わりに、密を避けて散策などを楽しむ「青空おさんぽウィーク」を五日まで開いている。(新居真由香)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報