本文へ移動

 第144回北信越高校野球県大会 きょう決勝戦 

2021年5月4日 05時00分 (5月4日 10時06分更新)
 第144回北信越地区高校野球県大会第8日は3日、福井市の県営球場で準決勝2試合が行われ、敦賀気比と福井商が決勝に進んだ。決勝は昨秋の県大会と同じ顔合わせで、4日午前10時から同球場で行われる。
 ▽準決勝 (県  営)
敦賀気比
003000110―5
000000000―0
大野
(敦)本田、竹松−渡辺優
(大)春木、山腰−竹下
 ▽準決勝 (県  営)
福 井 商
 000 000 000 100 1―2
 000 000 000 100 0―1
北  陸
 (延長十三回タイブレーク)
(福)広部、南−伊藤
(北)百田、竹田−山田

福井商−北陸 リリーフで好投した福井商の南(右)と二人の投手を引っ張った捕手の伊藤=福井市の県営球場で

 タイブレークで福井商 北陸を延長十三回振り切る


 ○…福井商が延長十三回タイブレークで北陸を振り切り、投手戦を制した。
 福井商は無死一、二塁からの十三回、先頭が四球を選び満塁。1死後、黒田がスクイズを決めて決勝点を奪った。継投した南は被安打0と好投した。
 北陸は一回1死満塁、二回無死一、二塁で無得点。徐々にリズムを失い、十三回は犠打で1死二、三塁とするも、後続が倒れた。

 守備鍛え3試合1失策 福井商

 延長十三回タイブレーク。わずか1点の援護だったが、福井商の南慶二朗は勝利を確信したという。「打たせれば(アウトを)取ってくれる。抑える自信があった」。130キロ台後半の速球にカットボールを織り交ぜ、零封した。十回途中から1本も安打を打たれなかった。
 要所で守り抜いた。先発した広部航平が制球を乱すが、二回無死一、二塁は併殺を成功させ、三回1死満塁では本塁で封殺。内野陣の堅守に助けられた右腕は復調し、延長十回まで投げ試合をつくった。
 「広部の分まで」と南。交代するやいきなりギアをトップに入れ、相手打線に隙を与えなかった。そんな力投を見て川村忠義監督はタイブレークで1点を取ることに注力する。スクイズで得点し、手をたたいた。
 オフは徹底的に守備を鍛えた。「一からつくろう」を合言葉に、打球への入り方から投げ方まで丁寧に見直した。主将の宮崎智生は「グラブの代わりにバドミントンのラケットカバーを手にして捕球の形もつくった。正面の打球がきっちり捕れれば応用も利く」。昨秋の県大会五試合で10失策と崩れた守備は、今大会三試合で1失策。投手陣も余裕を持ってマウンドに立てている。
 「王者気比。どこまで追い付けられるか」と川村監督。7点差で負けた昨秋の雪辱の舞台が整った。(谷出知謙)

敦賀気比−大野 8回を83球で相手打線を封じた敦賀気比の本田=福井市の県営球場で

 敦賀気比徐々に主導権 大野は継投でかわされる


 ○…守備からリズムをつくった敦賀気比が大野に勝利した。
 敦賀気比は先発の本田が8回を83球で打たせて取った。徐々に流れを引き寄せ、三回は先頭が相手失策で出塁し、東の二塁打と上加世田の中前打で計3点を挙げ主導権を握った。
 大野は先発の春木が走者を背負いながらも自責点1の力投。打線は四回1死二塁、八回無死二塁をいずれも生かせなかった。

敦賀気比本田投手陣の柱

 マウンドに立つ姿も様になってきた。四回、初めて得点圏に走者を背負った2死三塁。ここで敦賀気比の本田克(かつき)が力で押した。コースこそ甘いが、この日最速の142キロの直球で右飛に。「後ろにも良い投手がいるから。思いっきり飛ばした」
 変わって、二度目のピンチは冷静に切り抜ける。先頭に二塁打を浴びた八回は、直球で丁寧にコースを突いた。「ストライクゾーンを広く使った」と、高低に加え内外角にテンポよく投げ込む。次々と内野ゴロを打たせ、8回を83球で相手打線を封じた。
 公式戦初登板だった春の甲子園で好投し、今や投手陣の柱になりつつある。本職の内野手の練習もこなすが、今大会は全3試合で16回を投げ自責点はわずか1。「変化球でストライク先行にできる」と聖地で得た自信を形にし、勝負どころでの投球も磨いてきた。
 九回は故障明けの竹松明良が最速141キロの速球を軸に抑えた。二年生エースも含め投手陣の層の厚さを改めて示し、六大会連続の決勝に進んだ。(谷出知謙)

関連キーワード

PR情報