脳科学者・茂木健一郎氏が矛盾突く「自粛警察なのに自分たちが自粛していない」トレンドワード入りにも不快感

2020年4月28日 12時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
茂木健一郎氏

茂木健一郎氏

  • 茂木健一郎氏
 脳科学者の茂木健一郎氏(57)が28日、新型コロナウイルス禍で「自粛警察」というワードがトレンド入りしていることについて自身のツイッターで不快感を示し、「自粛警察なのに自分たちが自粛していない」と自制を求めた。
「自粛警察がトレンド入りしているけれども、とても良くない。それぞれの人が自分の良識と判断で行動することを前提にしないと、住みづらい不自由な世の中になってしまう」と苦言を呈した。
 『自粛警察』は営業中の店舗などに休業を促す張り紙をしたり、張り紙に文言を書き込んだりすることを指すとされる。ただし、緊急事態宣言下で外出自粛要請が出されており、「営業中の店や他県ナンバーの車に紙を張ったりするために歩き回ること自体が変。自粛警察なのに、自分たちが自粛していない」と矛盾も指摘。本末転倒な行為をいさめた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ