本文へ移動

女子1万に広中と安藤、男子1万・伊藤 陸上五輪代表

2021年5月4日 05時00分 (5月4日 05時01分更新)
女子1万メートル 優勝した広中璃梨佳(右)と2位の安藤友香。ともに五輪の参加標準記録を突破し、代表に決まった=静岡スタジアムで

女子1万メートル 優勝した広中璃梨佳(右)と2位の安藤友香。ともに五輪の参加標準記録を突破し、代表に決まった=静岡スタジアムで

  • 女子1万メートル 優勝した広中璃梨佳(右)と2位の安藤友香。ともに五輪の参加標準記録を突破し、代表に決まった=静岡スタジアムで
  • 男子1万メートル 優勝して五輪代表に決まり、ガッツポーズする伊藤達彦=静岡スタジアムで
 日本選手権1万メートルは3日、東京五輪代表選考会を兼ねて静岡県袋井市の静岡スタジアムで行われ、女子は広中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝、安藤友香(ワコール)が31分18秒18で2位となり、ともに五輪参加標準記録を突破し代表に決まった。
 男子(タイムレース)は参加標準記録を既に突破していた伊藤達彦(ホンダ)が27分33秒38で制し代表入り。2位は田沢廉、3位は鈴木芽吹(ともに駒大)。女子は新谷仁美(積水化学)を含め代表3人が出そろった。男子は相沢晃(旭化成)が決定済みで残り1枠。
 同会場で行われた静岡国際の男子200メートルは向かい風0・5メートルの決勝を飯塚翔太(ミズノ)が20秒52で制した。小池祐貴(住友電工)が20秒73で2位。同走り高跳びは衛藤昂(味の素AGF)が2メートル30で優勝、戸辺直人(JAL)が同記録で2位。
 女子5000メートルで東京五輪代表の田中希実(豊田自動織機TC)は800メートル(タイムレース)に出場し、2分3秒19で北村夢(エディオン)に次ぐ2位となった。

広中 本命5000へ弾み

 東京五輪へ照準を定めているのは女子5000メートル。その...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報