本文へ移動

気分一新、阿智で成人式 20・21年度対象者、時間ずらし開催

2021年5月4日 05時00分 (5月4日 05時00分更新)
記念撮影に臨む成人式出席者ら=阿智村で

記念撮影に臨む成人式出席者ら=阿智村で

 阿智村の成人式が三日、村中央公民館であった。二〇二〇年度は新型コロナウイルス感染拡大により式典が開催できなかったため、二〇、二一両年度分を時間をずらして同日に開いた。計八十七人が参加し、晴れ着やスーツ姿で気持ちを新たにした。
 二〇年度の式典は当初、二〇年五月に予定されていたが、コロナ禍で二一年一月に延期。その予定日前に上伊那・飯田下伊那地域で十人を超える感染者が確認され、再延期された。三日は午前に二〇年度、午後に二一年度対象者が出席した。来賓数を減らし、祝賀会は開かなかった。県外からの参加者には事前にPCR検査や抗原検査を依頼し、式典の受け付けでは検温や手指消毒をした。
 二〇年度対象者の遠山雅さん(21)は「最初に中止になった時は、ショックで開催はできないのではとあきらめていた。久しぶりに同級生たちに会えてうれしいし、振り袖を家族にも見せられて良かった」と喜んだ。 (二神花帆)

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧