本文へ移動

【岐阜】変異株新たに8人感染 御嵩と下呂でクラスター

2021年5月4日 05時00分 (5月4日 05時00分更新)
 県と岐阜市は三日、新たに一歳未満〜九十代の男女六十四人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新たに八人の変異株感染が分かり、変異株感染者は計百九十三人になった。
 新たに認定した二つのクラスター(感染者集団)のうち、御嵩町向陽中学校では生徒一人が陽性になった後、同じクラスの生徒ら三十九人を検査したところ、別の生徒二人の感染が判明した。この日までに家族を含めて計五人に広がった。
 もう一つの下呂市の家族らのクラスターでは、五十〜八十代の家族四人が感染し、四月末にこの家族の家に行った八十代の女性二人の感染が新たに分かり、計六人に拡大した。
 笠松刑務所(笠松町)が感染を発表した二十代の女性刑務官は保安警備の業務に携わり、四月三十日〜五月一日に夜勤をしていた。この刑務官と接触があった収容者は単独房に移すという。 (大沢悠)
おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧