本文へ移動

【DeNA】三嶋一輝153キロで5セーブ目 山﨑康晃に代わってのストッパー「やりがい感じている」

2021年5月3日 18時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回裏を三者凡退に抑え、5セーブ目を挙げナインと喜ぶ三嶋(中央右)

9回裏を三者凡退に抑え、5セーブ目を挙げナインと喜ぶ三嶋(中央右)

◇3日 中日1―2DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 DeNAの三嶋一輝投手(30)が9回に4番手で登板し、中日の主軸を三者凡退に抑え、今季5セーブ目を挙げた。最速153キロの直球とスライダー、フォークがさえ「先発、中継ぎ陣がつないでくれたので、1点差でしたが、攻める気持ちでマウンドに上がりました」と役割を果たし、充実感を漂わせた。
 通算169セーブの山崎が本来の姿を取り戻せていない中、ストッパーに任命されたが、12試合連続自責点0と抜群の安定感を誇る。「やりがいを感じている。今後も『三嶋に回せば大丈夫』と言われるよう攻める気持ちを忘れずに投げたい」と決意新ただった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ