本文へ移動

中日・根尾昂がプロ入り初の三塁打 山崎康晃のツーシームをフルスイング 追い上げのホーム踏む

2021年5月3日 16時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏無死、根尾が右翼線に三塁打を放つ

8回裏無死、根尾が右翼線に三塁打を放つ

◇3日 中日―DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の根尾昂内野手(21)が、8回の第3打席でプロ初となる三塁打を放った。
 「8番・左翼」で2試合ぶりにスタメン復帰して1、2打席目はDeNAの先発ピープルズに内野ゴロに打ち取られた。先頭の8回、1ボールから山崎康のツーシームをフルスイング。右翼線を襲った打球は、ダイビングしたオースティンの手前でバウンドしてフェンス際を転々とした。
 その間に根尾は悠々と三塁へ。1死から大島の二ゴロの間に1点目のホームを踏んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ