本文へ移動

<食リポ> 愛知で釣れる魚たち

2021年5月3日 05時00分 (5月3日 13時04分更新)
1日目 キビレ

1日目 キビレ

  • 1日目 キビレ
  • 1日目 キビレの塩焼き
  • 2日目 マゴチ(48センチ)
  • 2日目 マゴチの刺し身 
  • 3日目 岩と岩の間で釣れたギンポ
 春。気温とともに海水温が少しずつ上がり、魚の活動が活発になって釣りやすくなり、釣り人は心を躍らせています。醍醐味(だいごみ)は何といっても、釣った魚を料理して食べること。そこで今回は、釣りの腕前が初心者並みの記者が、県内の釣り場を回り、春に出合える「愛知の海の幸」を釣って食べるルポ。お店でなく、家庭の味ですが、ご了承ください。 (白名正和)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧