本文へ移動

角田裕毅は活躍の場なく…周回遅れの15位に沈む 優勝はハミルトン【F1第3戦ポルトガルGP決勝】

2021年5月2日 00時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルファタウリの角田裕毅(ホンダ提供)

アルファタウリの角田裕毅(ホンダ提供)

◇2日 F1第3戦ポルトガルGP決勝(アルガルベサーキット)
 F1第3戦ポルトガルGPは2日、決勝が行われ、アルファタウリ・ホンダのルーキー角田裕毅(20)は1周遅れの15位と振るわず、2戦連続で入賞に届かなかった。
 14番グリッドからスタートしたが、上位をうかがうことができず、早めにタイヤ交換をする戦略で打開を図るも中位グループに埋もれた。1日の予選後には「決勝でレースペースが良くなり、追い上げられるように願っています」とコメントしていたが、ベストラップは上位勢よりも1.5秒近く遅かった。
 優勝はメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)で開幕戦以来の今季2勝目(通算97勝目)。2位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が入り、ホンダ勢のF1通算80勝目は次戦以降にお預けとなった。ポールスタートだったメルセデスのバルテリ・ボッタス(フィンランド)は3位だった。
 他のホンダ勢はレッドブルのセルジオ・ペレス(メキシコ)が4位。アルファタウリのピエール・ガスリー(フランス)は10位だった。

◆F1第3戦ポルトガルGP決勝結果(66周)
1・ハミルトン(メルセデス)
2・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3・ボッタス(メルセデス)
4・ペレス(レッドブル・ホンダ)
5・ノリス(マクラーレン)
6・ルクレール(フェラーリ)
7・オコン(アルピーヌ)
8・アロンソ(アルピーヌ)
9・リカルド(マクラーレン)
10・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
11・サインツ(フェラーリ)
12・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
13・べッテル(アストンマーティン)
14・ストロール(アストンマーティ)
15・角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
16・ラッセル(ウィリアムズ)
17・シューマッハー(ハース)
18・ラティフィ(ウィリアムズ)
19・マゼピン(ハース)
R・ライコネン(アルファロメオ)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ