本文へ移動

為末大さん力説「オリンピアンが出せないコーチのパターンは…」トップ選手“発揮する力”は教えられない

2021年5月2日 22時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
為末大さん

為末大さん

 元陸上選手でスポーツコメンテーターの為末大さん(42)が2日、自身のツイッターに連続投稿し、トップ選手の指導者の心構えについて説いた。
 為末さんは「技術も知識も覚えられますが、難しいのは『その日その瞬間に力をきちんと出す』ことです」と切り出した。トップレベルでは、自分の持てる力をいかに出すかが勝敗を分けることになり「いい選手を育てるコーチと、勝ち切る選手を育てるコーチの質が違うのは、この発揮する力を育てられるかと技術を教えることの質が違うからです」と指摘した。
 自分の力を発揮するということは、教えられるものでないこととし、選手本人が学習できる環境を整える必要があると述べた。「高校チャンピオンはたくさん出したが、オリンピアンが出せないコーチのパターンはここにあると思います。触りすぎる癖がついていて、ほったらかしておくと不安になってしまうのです」と「上手な放任」が必要だと力説した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ