本文へ移動

【DeNA】右肘の違和感が次第にひどく…阪口皓亮2回の途中で緊急降板 今後は未定

2021年5月2日 18時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回、治療のためベンチへ戻るDeNA・阪口。負傷降板となった

2回、治療のためベンチへ戻るDeNA・阪口。負傷降板となった

◇2日 DeNA8―7ヤクルト(横浜)
 DeNAの先発・阪口皓亮投手(21)が2日のヤクルト戦(横浜)で2回表に山田に中前打を打たれた後、右肘に違和感を訴え緊急降板した。代わって石田健大投手(28)がマウンドに上がった。
 三浦大輔監督(47)によると、2回の投球で次第に違和感が出て、ひどくなったため交代させたという。今後は未定。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ