岡村隆史「大変な失言だった」 ラジオ冒頭から3分半にわたり謝罪

2020年5月1日 02時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡村隆史

岡村隆史

  • 岡村隆史
 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が、30日深夜に放送された「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1時)に生出演し、前週放送の自身の発言について「大変な失言だった」と語り、謝罪した。
 岡村は前週の放送で、新型コロナウイルス感染拡大を受け女性の収入が減り「コロナが明けたら美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」などと発言。SNSで「女性蔑視だ」と批判の声が上がった。これを受け、ニッポン放送が27日、番組公式サイトで「パーソナリティーの岡村隆史氏から、現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」と説明し謝罪。岡村も29日に所属する吉本興業の公式サイトで「私の発言により不快な思いをされた方々に深くおわび申し上げます。大変申し訳ございませんでした。世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だったと深く反省しております」と謝罪のコメントを発表した。
 岡村は番組冒頭から約3分半にわたり謝罪。「たくさんの人たち、特に女性の皆さんに不快感を与えたことについて、まずは心から謝罪させていただきます。本当に申し訳ございませんでした」と述べた。新型コロナウイルスのまん延で多くの人々が不自由な生活を強いられていることに触れ「経済的な問題で生活が苦しくてやむを得ず風俗業に就く方がいらっしゃることへの理解や想像力を欠いた発言をしてしまいました」と反省した。
 自らの発言について「たくさんの方に不快感を与えてしまいました。大変な失言だったと思っています。情けないです。それが本当に正直な気持ちです。そして、発言した部分を自分でもあらためて聴き直してみました。あきらかに大変失礼な発言だったと思います」と再び謝罪した。
 いったん曲を流した後、再度自身の発言を後悔する気持ちを語った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ