矢部浩之が相方・岡村を公開説教 「やってもうたな」「ナインティナインも緊急事態」

2020年5月1日 04時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナインティナインの岡村隆史(右)と矢部浩之

ナインティナインの岡村隆史(右)と矢部浩之

  • ナインティナインの岡村隆史(右)と矢部浩之
 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が、30日深夜に放送された「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1時)に生出演し、前週放送の自身の発言について「大変な失言だった」と語り、謝罪した。途中、相方・矢部浩之(48)が登場し、公開説教した。
 ナインティナインは1994年に「ナインティナインのオールナイトニッポン」として番組をスタートしたが、矢部が2014年に番組を卒業し、その後は岡村1人で継続してきた。
 矢部が「やったな、おまえ。やってもうたな」と声を荒らげて登場すると、岡村は「申し訳ない」と謝るのみ。冒頭から謝罪の言葉が続く岡村に、矢部は「もう、もたんやろ。2時間」と畳み掛け、さらに「緊急事態よ、ナインティナインも。情けないやろ。情けないなあ」と相方を叱責(しっせき)した。
 矢部は「こんな言い方したら、岡村隆史の発言で不快に思われた方に勘違いされるのはちょっと嫌なんですけど、なんかええ機会もらったよ」と相方を戒める好機ととらえた様子。「公開説教しようときょうは思ってね。リスナーの方はもちろん感じてるでしょうけど、あんまりいい感じじゃないやん、ナインティナイン。こんなの言うことじゃないし。でも、いい機会やなと思って来たんですよ」と語った。岡村は「びっくりして言葉もないねんけど、相方にもごめんねっていう気持ちです」と謝罪した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ