本文へ移動

患者情報入りUSB紛失 福井大指定管理、永平寺町診療所の事務員

2021年5月2日 05時00分 (5月2日 13時43分更新)
 福井大は一日、同大が指定管理する永平寺町立在宅訪問診療所の六十代の事務職員が、患者の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。
 同大によると、USBメモリーには二〇一九年八月〜二一年三月に診察を受けた患者千三百八十八人の電子カルテ情報の一部を保存。氏名、住所、生年月日、病名など個人情報が含まれていた。パスワードは設定されていなかった。
 職員は四月二十二日午前十一時三十分ごろ、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧