本文へ移動

遭難防止へ24時間態勢 県警、北ア春山警備始める

2021年5月2日 05時00分 (5月2日 11時23分更新)
登山客への連絡を窓口の掲示板に貼り付ける山岳警備隊員=高山市の新穂高登山指導センターで

登山客への連絡を窓口の掲示板に貼り付ける山岳警備隊員=高山市の新穂高登山指導センターで

  • 登山客への連絡を窓口の掲示板に貼り付ける山岳警備隊員=高山市の新穂高登山指導センターで
  • 岩と雪、氷が混ざり合った登山道が続く北アルプスの西穂独標=県警地域課提供
 北アルプスへの登山者が増える大型連休を迎え、県警山岳警備隊は春山警備を始めた。新型コロナ禍で昨年は中止した穂高岳山荘(標高二、九九六メートル)への常駐も二年ぶりに再開し、二十四時間態勢で遭難防止に努める。
 県警山岳警備隊飛騨方面隊と北飛山岳救助隊のメンバーは六日までの期間中、新穂高登山指導センターにも常駐し山岳情報を伝える。二〜四日には...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報