本文へ移動

井岡一翔の薬物疑惑について畑中ジムがJBCに質問状【ボクシング】

2021年5月1日 19時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月31日、田中恒成(左)と対戦する井岡一翔

2020年12月31日、田中恒成(左)と対戦する井岡一翔

 ボクシングの畑中ジムが1日、WBOスーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=Ambition=の薬物疑惑について日本ボクシングコミッション(JBC)の長岡勤コミッショナーに質問状を送付したと発表した。昨年大みそかに行われた田中恒成(25)=畑中=との防衛戦で、大麻を含む禁止薬物が検出されたと報じられた問題に対するもの。
 「井岡選手のドーピング問題に関して、JBCに対して大変疑念を持っています。よって4月30日付でJBCコミッショナー宛に質問状を内容証明書で送付いたしました。GW明けには返答が来ることを信じております」と畑中会長。JBCはこの問題で井岡陣営に陽性だったとの通知を行わず、保管していたB検体も警察に提出してしまい、再検査ができなくなっていると報じられているが、これまで一切の説明をせず、記者会見の要求も拒否している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ