本文へ移動

【青葉賞】ワンダフルタウンが重賞連勝!1番人気のキングストンボーイに鼻差競り勝つ

2021年5月1日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
青葉賞を制しダービー出走権を得たワンダフルタウンとキングストンボーイ(右)

青葉賞を制しダービー出走権を得たワンダフルタウンとキングストンボーイ(右)

◇1日 第28回青葉賞(G2・東京・芝2400メートル)
 ダービートライアルの「第28回青葉賞」(G2・芝2400メートル)は1日、東京競馬場で行われ、3番人気のワンダフルタウンが、昨年11月の京都2歳Sに続く重賞連勝。ゴール前、内から伸びてきた1番人気のキングストンボーイに鼻差競り勝った。3着は6番人気のレッドヴェロシティ。上位2頭が日本ダービー(G1・30日・東京・芝2400メートル)の優先出走権を獲得した。和田竜二騎手(43)=栗東・フリー、高橋義忠調教師(51)=栗東=はともに同レース初勝利。
 ◆ワンダフルタウン
▽牡3歳・鹿毛▽父ルーラーシップ、母シーオブラブ(母の父ディープインパクト)▽馬主・三田昌宏氏▽生産者・北海道安平町 ノーザンファーム▽戦績・5戦3勝、重賞は2020年ラジオNIKKEI杯京都2歳S・G3、21年青葉賞・G2(1着賞金5400万円)の2勝▽総収得賞金・1億85万7000円▽高橋義忠調教師、和田竜二騎手ともに初勝利。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ