本文へ移動

【楽天】田中将大は6イニング無失点 2勝目を後続に託して降板 前回投球から一変「粘り強く投げれた」

2021年5月1日 16時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表2死二・三塁、ロッテ・中村奨吾を遊ゴロに打ち取り、雄たけびを上げる楽天・田中将大

5回表2死二・三塁、ロッテ・中村奨吾を遊ゴロに打ち取り、雄たけびを上げる楽天・田中将大

◇1日 楽天―ロッテ(楽天生命パーク)
 今季2勝目を目指す楽天・田中将大投手(32)が先発し、6イニングを無失点、被安打5で勝ち投手の権利を得てマウンドを降りた。
 変化球主体の投球となった前回登板と違って、この日は積極的に直球を使った投球となり、小山投手コーチも「前回よりストレートは走っていると思います。球数が少し多いので、しっかりと帳尻を合わせてイニングを投げてもらいたい」と試合中にコメントした。
 期待通り無失点でマウンドを降りた田中は「常に走者を背負うピッチングでしたが、粘り強く投げれて良かったです」とコメントした。
 ロッテ打線にかなり粘られて序盤2イニングで49球を費やしたが、以降は安打を浴びながらも直球で押す投球を見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ