本文へ移動

高ボッチ高原、アウトドア充実 新管理棟オープン

2021年5月1日 05時00分 (5月1日 15時56分更新)
管理棟の名称とロゴマークのイメージカラーをお披露目する関係者=塩尻市郊外の高ボッチ高原で

管理棟の名称とロゴマークのイメージカラーをお披露目する関係者=塩尻市郊外の高ボッチ高原で

  • 管理棟の名称とロゴマークのイメージカラーをお披露目する関係者=塩尻市郊外の高ボッチ高原で
  • 有料で貸し出す「ボッチ飯体験キット」と「コーヒーセット」
 塩尻市観光協会が改修した高ボッチ高原の管理棟が三十日、リニューアルオープンした。関係者による神事で今季の安全を祈ったほか、管理棟の名称を「でいだらボッチ館」に、同高原のロゴマークのイメージカラーを「青」とすることを発表した。
 コロナ禍でアウトドアに関心が高まる中、市や観光協会は高ボッチ高原を新たなアウトドア観光地として活用しようと、管理棟の改修やオートキャンプサイトの新設、キャンプサイトの拡充、公衆無線LAN「Wi−Fi(ワイファイ)」の整備などを進めた。
 管理棟は木造平屋百平方メートルで、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧