本文へ移動

色を使わず線を引く 愛知・春日井出身の現代美術家、本山さん個展

2021年5月1日 16時00分 (5月1日 16時00分更新)
2枚以上の布を縫い合わせた

「Ghost in the Cloth」シリーズ

2枚以上の布を縫い合わせた 「Ghost in the Cloth」シリーズ

 愛知県春日井市出身の現代美術家・本山ゆかりさん(28)の個展「コインはふたつあるから鳴る」が、同市鳥居松町の文化フォーラム春日井ギャラリーで開かれている。
 本山さんは愛知県立芸術大と京都市立芸術大大学院で油彩画を学び、現在は京都市を拠点に活動。キャンバスの代わりに布やアクリル板といった素材を使って、制作に取り組んできた。昨年度は作品が愛知県美術館(名古屋・栄)に収蔵されるなど、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報