本文へ移動

紀伊半島豪雨の復興の象徴 新宮でこいのぼり30匹が遊泳 

2021年5月1日 05時00分 (5月1日 12時42分更新)
休耕田に掲げられた30匹のこいのぼり=新宮市熊野川町で

休耕田に掲げられた30匹のこいのぼり=新宮市熊野川町で

 二〇一一年の紀伊半島豪雨で被害を受けた新宮市熊野川町日足で、地域住民や市熊野川行政局が、復興の象徴としてこいのぼり三十匹を休耕田に揚げている。九日まで。
 熊野川町では、地域住民や熊野川行政局の職員らでつくる「熊野川地域フラワーツーリズム推進協議会」が地域を元気づけようと、豪雨翌年の一二年から...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報