本文へ移動

穏やかな表情、室町時代の翁 敦賀市立博物館で祭り面特集

2021年5月1日 05時00分 (5月1日 15時52分更新)
室町時代に制作された翁面=敦賀市立博物館で

室町時代に制作された翁面=敦賀市立博物館で

  • 室町時代に制作された翁面=敦賀市立博物館で
  • 気比神宮で受け継がれてきた猿田彦面(手前)=敦賀市立博物館で
  • 沓見の御田植祭で使われてきた代々の王の舞面=敦賀市立博物館で
 敦賀市立博物館で、市内の祭りで使われてきた面などを紹介する特集展示が始まった。同館に寄贈、寄託された十九点が並んでいる。六月一日まで。
 室町時代に制作された翁(おきな)面は、豊作を祈る「沓見の御田植祭」の舞台の一つである...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報