本文へ移動

長さ9・5メートル、和紙の巨大こいのぼり「飛騨の里」に登場

2021年5月1日 05時00分 (5月1日 11時56分更新)
えらの部分も、精密に作られている点を紹介する西倉代表(左)=高山市上岡本町の飛騨の里で

えらの部分も、精密に作られている点を紹介する西倉代表(左)=高山市上岡本町の飛騨の里で

 全長九・五メートルの巨大な和紙製のこいのぼりが、高山市上岡本町の野外博物館「飛騨の里」に登場した。雪国の飛騨地域では、端午の節句が通常より一カ月遅れるため、六月五日まで展示を楽しめる。
 このこいのぼりは一九三〇年代に、飛騨市河合町の...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報