本文へ移動

名古屋・鶴舞公園で見回り 集団飲酒の自粛呼び掛け

2021年5月1日 00時53分 (5月1日 00時59分更新)
園内を見回り、集団飲酒などの自粛を呼び掛ける愛知県の職員ら=30日午後、名古屋市昭和区の鶴舞公園で

園内を見回り、集団飲酒などの自粛を呼び掛ける愛知県の職員ら=30日午後、名古屋市昭和区の鶴舞公園で

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、愛知県と名古屋市は30日、同市昭和区の鶴舞公園で、集団飲酒の自粛を呼び掛ける見回り活動をした。
 職員ら6人が2グループに分かれ、午後5時から約1時間ほど公園内を歩き、「集団での飲酒は気分が高揚し、大声での会話につながりやすく、飛沫感染のリスクが高まります」と拡声器を手に訴えた。呼び掛け中に酒を飲んでいる人はいなかった。
 見回りは市内の公園7カ所で29日から始まり、まん延防止等重点措置の適用期限の5月11日まで毎日実施される。
 帰宅中という西区の女性会社員(30)は「みんなで飲みたい人の思いも分かるけど、今は我慢の時。今日もまっすぐ帰ります」と話していた。

関連キーワード

PR情報