本文へ移動

<翻弄 リコール不正の陰で> (上)書き写した人 派遣は買われた駒か 

2021年5月1日 05時00分 (5月1日 05時01分更新)
「時給950円」。接客業の男性のスマートフォンに表示された「書き写し」仕事の記録=佐賀市内で(一部画像処理)

「時給950円」。接客業の男性のスマートフォンに表示された「書き写し」仕事の記録=佐賀市内で(一部画像処理)

 半年ほど前の昨年十月末。派遣会社に登録する四十代の男性は、自宅から五十キロ離れた佐賀市内の施設にいた。整然と並ぶ長机には、愛知県知事のリコール(解職請求)を求める署名用紙と名簿の束が積み上げられていた。
 「目標に足りていません。書き方が遅いです」。女性スタッフの命令口調を不快に思いつつ、男性はボールペンを走らせた。豊田市、豊川市、みよし市…。なじみの薄い愛知県で暮らす他人の名前を用紙に書き写していく。名簿には重複する人物もあった。「同じ名前の人がこんなにいるのかな」。何かおかしいと感じつつ、「良いことをしている。代筆の許可を取っている」という説明を疑わなかった。もともと、他県のリコール運動に関心はなかった。
 男性は普段、個人事業主として企業に営業戦略を助言する業務をしている。九州を中心に各地を飛び回っていたが、新型コロナウイルスの影響で顧客との商談が制限され、大手の派遣会社に登録した。
 自分と同じアルバイトは多い日で、百人近くもいた。新型コロナの経済への影響は、派遣やパートなど不安定な立場の人たちを直撃。非正規労働者の雇用は当時、八カ月連続で減少が続いていた。
 引っ越しや工場のライン...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

リコール署名偽造の新着

記事一覧