本文へ移動

【独自】副市長に中田、杉野氏 河村・名古屋市長が起用方針

2021年5月1日 05時00分 (4月14日 15時33分更新)
中田英雄氏

中田英雄氏

  • 中田英雄氏
  • 杉野みどり氏
 名古屋市の河村たかし市長は、五月末に任期満了を迎えるいずれも副市長の堀場和夫氏(65)、伊東恵美子氏(63)の後任として、総務局長の中田英雄氏(59)=写真=と子ども青少年局長の杉野みどり氏(59)=写真=を起用する方針を固め、市議会主要会派の幹部らに伝えた。五月十八日に開会する市議会五月臨時会に提案する予定で、同意されれば、杉野氏は伊東氏に続き同市二人目の女性副市長となる。
 市議会の自民、民主、公明、共産の各会派は四月の市長選で元自民市議の横井利明氏を支援し、当選した河村市長と対立したが、市内部からの起用であることなどから人事案は一定の理解を得られるとみられる。
 中田氏は名古屋大教育学部卒。総務、財政畑が長く、総務局企画調整監、市民経済局長を経て二〇二〇年四月から現職。総務局長として、新型コロナウイルス対策を進めるための全庁的な職員応援態勢構築などに尽力している。
 杉野氏は南山大法学部卒。子ども青少年局の勤務が長く、健康福祉局高齢福祉部長や子ども青少年局子ども未来企画監を経て一九年四月から現職。児童虐待防止をはじめ河村市長が力を入れる子ども支援策の推進に取り組んでいる。
 副市長は現...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

名古屋市長選2021の新着

記事一覧