本文へ移動

【中日】ビシエドが天敵撃ち先制ソロ!G菅野から竜27イニングぶり得点…スモーク後逸でさらに1点

2021年4月30日 18時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表無死、左中間へ先制ソロを放つビシエド。捕手大城

2回表無死、左中間へ先制ソロを放つビシエド。捕手大城

◇30日 巨人―中日(東京ドーム)
 天敵・菅野を打ち砕いた。中日のダヤン・ビシエド内野手(32)が巨人先発・菅野から2回に先制の3号ソロを放った。
 1ストライクから高めの148キロのツーシームを鋭いスイングで捉えた。弾丸ライナーはあっという間に無人の左翼席に着弾。ビシエドは「しっかりとしたスイングで、しっかりと捉えられた」と満足げな表情を浮かべた。
 菅野から得点を奪うのは2019年9月4日以来で、27イニングぶり。昨季は菅野と3試合対戦し、25イニングで無得点。2つの完封を許していた。
 さらに高橋周、木下拓の安打などで1死一、三塁とチャンスをつくると、根尾の一ゴロを新外国人のスモークが後逸。リーグ屈指の右腕から幸先良く2点を先制した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ