本文へ移動

「明日からムチ入れて『打倒金谷』」前回覇者の宮本勝昌 32位からの逆転に自信【中日クラウンズ】

2021年4月30日 18時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10番でティーショットを放つ宮本勝昌

10番でティーショットを放つ宮本勝昌

◇30日 男子ゴルフ・中日クラウンズ第1日(愛知県東郷町・名古屋GC和合C)
 前回覇者の宮本勝昌(48)=ハートンホテル=は1アンダーで32位発進した。
 上がりの2ホールがイーグルとバーディー。前夜の雨で緩んだフェアウエーや硬くなったグリーンに負けず、大会連覇へ弾みを付けた宮本が上機嫌でこの日のラウンドを振り返った。「オーバーから最後にアンダーへ戻ってこられたので良かった。明日からムチをばしばし入れて『打倒金谷』でいきたい」
 スタートの10番でバーディー発進しながら、14番ではティーショットを左へ引っ掛けOBとなった。「昨夜、大会を振り返るテレビ番組を見た。松山英樹が2013年(の第3日)に14番でOBを打ったなあ、と思いながら打ったら…」
 ただ、百戦錬磨のベテランはしぶとい。2オーバーで迎えた8番パー4では、残り105ヤードの右ラフから52度のウエッジで打った第2打がカップイン。最終の9番でも難しいバーディーパットを沈めた。
 同学年の片山晋呉らとのラウンドもリラックスできた要因だ。「昔よりミスが出るようになったが、やっぱりうまいねえ。悔しいから勉強にはしないけど、参考にはなる」。乗せると怖い男が乗ってきた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ