本文へ移動

【J1名古屋】フィッカデンティ監督PCR陽性 選手、スタッフ全員陰性も濃厚接触者を調査…川崎戦では不在

2021年4月30日 17時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・フィッカデンティ監督

名古屋・フィッカデンティ監督

 名古屋グランパスは30日、マッシモ・フィッカデンティ監督(53)が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定になったと発表した。
 フィッカデンティ監督は29日、喉の痛みを訴えたことでリーグ規約に基づき全選手・スタッフにオンサイトでの抗原検査を実施。フィッカデンティ監督が判定保留となり、同日のリーグ第22節・川崎戦(豊田ス)のエントリー条件を満たさなかったため監督不在で臨んだ。さらに試合後、リーグ規約により全選手、スタッフ計54人にPCR検査を実施した。
 クラブは現在、保健所とともに濃厚接触者の特定を進めているとしている。なお、フィッカデンティ監督を除く選手、スタッフは全てPCR検査で陰性判定となった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ