本文へ移動

カレンブーケドール、68年ぶり牝馬制覇なるか 「力はどっこいどっこい」【天皇賞・春】

2021年4月30日 14時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
カレンブーケドール

カレンブーケドール

◇第163回天皇賞・春(2日・G1・阪神・芝3200メートル)
 1953年のレダ以来、68年ぶりの牝馬制覇を狙うカレンブーケドールは30日、美浦坂路を63秒8―15秒0で登坂。国枝師は「特に気になるところもなく、追ってからの雰囲気もいい」と、満足げな表情を浮かべた。
 ここまでキャリア14戦しているが、意外にも阪神競馬場へは初参戦。指揮官は「こればかりは何とも言えないけど、堅実にどこでも走ってくれるのでね。力はどっこいどっこいだと思うし、内でうまいこと立ち回ってほしい」と期待した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ