本文へ移動

小川泰平氏が元妻逮捕に推察「警察は会見で自信があると断言しており、それだけの証拠があるのだろう」

2021年4月30日 14時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 神奈川県警元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が30日、TBSテレビの情報番組「ひるおび!」に出演。「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さんが死亡した事件で「本丸の殺人事件から逮捕し、再逮捕は考えにくい。警察は会見で自信があると断言しており、それだけの証拠があるのだろう」と述べ、和歌山県警に相当の裏付けがあると推察した。
 野崎さんは2018年、急性覚醒剤中毒のため自宅で死亡し、28日、元妻の須藤早貴容疑者(25)が殺人容疑などで逮捕された。小川氏は、捜査関係者の情報として密売人がすでに摘発され、そのスマホが押収され、容疑者の供述を得ている可能性があると紹介。「注目されている事件で、逮捕して起訴できず、釈放したといえない」と警察の威信で証拠を集めていると見立てた。さらに「証拠がある程度あったとしても、証拠の王様の自白が取れれば一番いいですし、それによって秘密の暴露、裏付けを取る」と起訴に向けた県警の動きを推測した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ