本文へ移動

「戦後美術&憲法条文」見開いて見えるのは 異色本にデザイン賞

2021年4月30日 16時00分 (4月30日 16時00分更新)
「日本国憲法」に掲載されている9条1項の条文と、コラージュ作品「俺の知ったことじゃない」=木村恒久さん作、TAC出版提供

「日本国憲法」に掲載されている9条1項の条文と、コラージュ作品「俺の知ったことじゃない」=木村恒久さん作、TAC出版提供

  • 「日本国憲法」に掲載されている9条1項の条文と、コラージュ作品「俺の知ったことじゃない」=木村恒久さん作、TAC出版提供
  • 松本弦人さん(提供元・島本脩二さん)
 憲法条文と絵画や写真、漫画などの作品を一対にした異色の単行本「日本国憲法」(TAC出版)が、国際デザイン賞「東京TDC賞2021」でグランプリを獲得した。三十九年前に刊行されたベストセラーを原点に、東京、京都で活動するグラフィックデザイナー松本弦人(げんと)さん(60)がデザイン・編集を手掛けた。憲法の施行から来月三日で丸七十四年。松本さんは「憲法が根ざした戦後の生活、表現を感じてほしい」と語る。
 天皇を国家、国民統合の象徴と記した一条。右ページにふりがなを付けた条文と英訳を縦横に配置し、難しい言葉の脇には解説文が付く。見開きの左ページは、ろう人形の昭和天皇の写真(杉本博司さん撮影)が全面に。公務員による拷問を禁じた三六条の横には赤塚不二夫さん作の「天才バカボン」に登場する警官が拳銃を乱発するおなじみの漫画がある。
 戦後の日本で制作された美術作品から、松本さんがまず約二千点をピックアップ。各条文のイメージや構成、全体のメリハリなどを意識しながら、最終的に作者側の許可を得た六十九点を選んだ。「非常に大変で楽しい仕事だった。作品の解釈は一つではない。条文も広く捉えられるものもある。うまく...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧