本文へ移動

今年も我慢のGW レジャー施設、イベント中止や飲食時短

2021年4月30日 05時00分 (4月30日 12時40分更新)
 新型コロナウイルス感染再拡大の中、始まった大型連休。県内の一部レジャー施設では、飲食サービスの営業短縮や、イベント中止などの対応を迫られている。県民にとっては、二年連続の我慢の連休になりそうだ。
 桑名市のナガシマリゾート「なばなの里」「長島温泉 湯あみの島」は、飲食店の営業を午後八時までに短縮。「ナガシマスパーランド」は通常通り営業する。隣接するアウトレットモール「ジャズドリーム長島」は、レストラン・フードコートを同じく午後八時に閉める。
 鈴鹿市の鈴鹿サーキットは午前九時半から午後五時半まで通常通り営業する。一方で津市のスナック菓子ベビースターラーメンの工場一体型テーマパーク「おやつタウン」は五月一〜五日、午後五時までの時短営業とする。代わりに五月九日まで県内在住の十二歳以下の子どもの入場料を無料とし「県外に出づらい中、せめて一日でもご家族で楽しんでいただけたら」と担当者は話す。
 イベントを中止する施設も。伊賀市の農業観光施設「伊賀の里モクモク手づくりファーム」では、豚やヒツジなどを競争させる人気イベント「家畜追いダービー」を含む「とんとん祭り」を中止した。大型連休中は例年だと一日あ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧