本文へ移動

【J1名古屋】川崎との天王山直前にフィッカ監督がのどの痛みを訴え不在に 試合はベンチと電話をつないで指示

2021年4月29日 19時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋―川崎 前半、背を反るブルーノ・コンカコーチ

名古屋―川崎 前半、背を反るブルーノ・コンカコーチ

◇29日 J1第22節 名古屋0―4川崎(豊田スタジアム)
 名古屋グランパスはマッシモ・フィッカデンティ監督(53)不在で川崎戦に臨んだ。フィッカデンティ監督がこの日にのどの痛みを訴え、リーグ規約に基づき全選手、スタッフが新型コロナウイルス感染の有無を調べる抗原定性検査を実施。フィッカデンティ監督が判定保留となったため、川崎戦のエントリー条件を満たすことができなかった。試合中の指揮はブルーノ・コンカコーチが執ったが、フィッカデンティ監督はベンチと電話をつないで指示。試合後、フィッカデンティ監督を含むトップチームの全選手およびスタッフがPCR検査を実施した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ