本文へ移動

デアリングタクトは次走「宝塚記念」へ 「凱旋門賞」への登録は見送り

2021年4月29日 15時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
デアリングタクト

デアリングタクト

 香港・クイーンエリザベス2世Cで3着に終わったデアリングタクト(牝4歳、栗東)は今後、「宝塚記念」(G1・6月27日・阪神・芝2200メートル)を視野に調整し、大目標とみられていたフランス「凱旋門賞」への登録を見送ることを29日、杉山晴紀調教師が明らかにした。
 同馬はすでに帰国しており、「落ち着いて状態面での問題はないと聞いています。馬の状態次第ですが、(次走には)宝塚記念参戦を考えています」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ