本文へ移動

立川談四楼「寄席をヨセキと言った」加藤官房長官に嘆き 休業の決断には「引き際は見事だったねえ」

2021年4月29日 13時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川談四楼

立川談四楼

 落語家の立川談四楼(69)が29日、自身のツイッターを更新。緊急事態宣言下で観客を入れて営業を続けていた東京都内の4カ所の定席寄席が5月1日から休業を決断したことに好意的な意見をつづるとともに27日の会見で加藤勝信官房長官が寄席を「ヨセキ」と読んだことを嘆いた。
 「テレ東の官邸キャップが落語好きの閣僚に寄席の無観客について訊ねた。小泉進次郎氏は続行に理解は示したものの『要請には従って欲しい』とたちまち政治家に戻り、加藤官房長官は、寄席をヨセキと言った段階でメッキが剥げた」とした。
 加藤官房長官は27日の定例会見で「ヨセキを含む劇場等に対し無観客開催を要請していると承知している」と述べ、一般には「ヨセ」と呼ばれる寄席を「ヨセキ」と表現していた。同日の閣議後の会見で落語好きで知られる小泉進次郎環境相が営業を続ける方針だった寄席側に「変異株の脅威含めて、さまざま不満もあると思うが、ご協力頂きたい」と求めた。
 談四楼は寄席が一転して休業要請に従ったことに対しては「でも2度目の要請にスパッと従った各席亭の引き際は見事だったねえ」と持ち上げた。フォロワーからも「よせき(寄席)も自粛せざるを得ないみぞゆう(未曾有)の事態」「文化芸術にはまったく興味なく生きてきたのかな」と皮肉を込めた意見も寄せられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ