本文へ移動

自販機で冷凍餃子や中華総菜販売 五味八珍が天王店に設置

2021年4月29日 05時00分 (4月29日 05時01分更新)
浜松餃子や中華総菜を購入できる五味八珍の自動販売機=浜松市東区で

浜松餃子や中華総菜を購入できる五味八珍の自動販売機=浜松市東区で

 中華ファミリーレストランを展開する五味八珍(浜松市東区)は二十八日、冷凍の浜松餃子(ギョーザ)や中華総菜が買える自動販売機を東区の天王店に設置した。同社によると、浜松餃子の自販機は市内初。コロナ禍で外食を避け自宅で食事を取る人らのために、いつでも店の料理を買えるようにした。
 餃子は十四個入り。総菜はエビのチリソースと同マヨネーズソース、シューマイ、豚の角煮の四種類。餃子はフライパンで焼き、総菜は温めて食べる。価格は餃子が五百四十円、総菜は各七百五十円。五月末までは特別価格として餃子を三百円で販売する予定だ。
 同社は持ち帰りや通信販売で冷凍餃子を販売してきた。コロナ禍でテークアウトの弁当を充実させた際、新たに冷凍総菜も考案。営業時間外にも買い求める人がいるとみて、自販機の導入を決めた。客の反応を見て設置店を増やす計画で、玉越智章営業課長は「店の味を家でも楽しんでほしい」と話した。
 設置を手掛けたユニヴァーサル商事(同)によると、自販機はコロナ禍を受けてメーカーが新たに開発したもので、パック詰めした料理の冷凍保存が可能。客足の減少に悩む飲食店に導入が広がっているという。 (久下悠一郎)

関連キーワード

PR情報