本文へ移動

【ヤクルト】2年目の杉山晃基が初登板 巨人打線相手に3イニングゼロ封の好投「よかったです」ホッ

2021年4月28日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3番手で登板したヤクルト・杉山

3番手で登板したヤクルト・杉山

 ◇28日 ヤクルト3―7巨人(神宮)
 ヤクルトの杉山晃基投手(23)がプロ初登板を果たした。4点を追う7回から3番手で3イニングを1安打無失点。デビュー戦で巨人打線相手に好投した2年目右腕は「やっと(1軍で)投げることができた。無失点で終われたのでよかったです」と声を弾ませた。
 盛岡大付高から創価大を経てドラフト3位で入団した昨季はイースタン・リーグで9試合に登板。制球面に課題を残していた杉山は「ファームの監督、コーチ、裏方さんにたくさんお世話になった。そういう1年があって(1軍で)投げることができた」と周囲のサポートに感謝した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ