本文へ移動

<ママが答える相談室>金銭教育 小1でお小遣い、早すぎる?

2021年4月28日 05時00分 (4月28日 11時08分更新)
ファイナンシャルプランナー(FP)のママたちが子どもの金銭教育セミナーを全国の学校で展開するFPmama Friends代表。シングルマザーで3人の子育て中。名古屋市在住。45歳。

ファイナンシャルプランナー(FP)のママたちが子どもの金銭教育セミナーを全国の学校で展開するFPmama Friends代表。シングルマザーで3人の子育て中。名古屋市在住。45歳。

 四月から小学生になったのでお小遣い制にしようと思いましたが、息子はまだお金の計算ができません。算数の問題では二桁の計算ができず、百まで数えるのがやっとです。まだ計算ができないのに、お小遣いをあげるのは早すぎますか? (小一男子のママ)

回答者 柴田時子さん

 お小遣い制を始めるために、「お金の計算ができるようになってから」という条件は必要ありません。子どもがまだ計算できないうちは、親が代わりに計算してあげてもいいですし、電卓の使い方を教えてあげるのも良い方法です。
 小さい子どものお小遣い制で気を付けたいポイントは二つあります。一つ目は「買うかどうかの決断は子どもの気持ちに任せること」。小さい子は「これは何円?」「僕が持っているお金で買える?」「何円残る?」などと、一つのお菓子を選ぶために親にたくさんの質問をします。そこは親が計算して教えてあげればいいのですが、最後に「買う」「買わない」「違うのにする」といった決断は、ぜひ子どもの気持ちに任せてあげてください。
 二つ目は「お小遣い帳を漢字や計算の勉強にしないこと」。お小遣い制を始めたら、お小遣い帳に記帳することを習慣づけたいところです。親と...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報