本文へ移動

中国製EV価格破壊、48万円モデル人気

2021年4月28日 05時00分 (4月28日 05時01分更新)
五菱汽車が上海モーターショーでお披露目した新型小型EV「宏光ミニマカロン」=上海市で(白山泉撮影)

五菱汽車が上海モーターショーでお披露目した新型小型EV「宏光ミニマカロン」=上海市で(白山泉撮影)

  • 五菱汽車が上海モーターショーでお披露目した新型小型EV「宏光ミニマカロン」=上海市で(白山泉撮影)
  • さまざまな機能を持つタッチパネルを採用した車内=上海市で(白山泉撮影)
 中国で電気自動車(EV)の価格破壊が起きている。昨年発売された一台二万八千八百元(約四十八万円)の国産モデルが人気で、四月十九日に始まった上海国際モーターショーにも割安なEVが多数出展されている。世界的な「脱炭素」の流れで、EVの注目度がアップ。ハイブリッド車(HV)が中心で早急なEV化に慎重だった日本勢にも、変化の芽が出てきている。 (岸本拓也、上海・白山泉)
 ■世界一
 「実際に見ると意外に安心感がある。この価格なら買える!」。上海モーターショーの会場で会社員の女性(27)は目を輝かせた。視線の先には、格安EVで知られる上汽通用五菱汽車の新型小型EV「宏光ミニ マカロン」があった。
 大きさは日本の軽自動車ほど。四人乗りで最安約六十二万円だ。一度の充電で走れる距離は百二十キロと短いが、販売担当者は「一般の人の活動範囲を研究して設計した」と話す。昨年七月に発売した最も安い五十万円を切るモデルは、中国の地方都市を中心に二十万台以上を販売。今年一月の月間EV販売台数で米テスラを超えて「世界一」となった。
 中国EV大手、比亜迪(BYD)の担当者は「約百万円の小型EVが若い女性に人気だ」と強調...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

PR情報